20/43

もう終わりだと、言いながらも
僕はまだ、あきらめていなかった。
「夢じゃない。希望はある」
I said, “It’s over.”
Yet that doesn’t mean I gave up.